らいだー(@iDaikiRider)です!

 

イラレで文字にグラデーションをかける場合は、

四角形や円などのオブジェクトにグラデーションをかける場合と異なり、ちょっと手間が必要です。

 

この記事では、

イラレで文字にグラデーションをかける方法を3種類解説します!

 

自分に合った方法をマスターしてください。

 

 

  1. 文字をアウトライン化する方法
  2. アピアランスパネルを使用する方法(←オススメ)
  3. パスファインダーを使用する方法(←オススメ)

 

 

手順通りやれば、こんな仕上がりになります〜

 

方法1.文字をアウトライン化してからグラデーションをかける方法

 

好きな文字を入力

文字ツール

 

文字ツールを選択して、好きな文字を入力して下さい。

 

例は「RIDER」で参ります。

 

 

アウトラインを作成

 

入力した文字を「オブジェクト」へと変更します。

入力した文字を選択して、メニューから「書式」→「アウトラインを作成」を選択して下さい。
(※ショートカットキー=”Command(Ctrl)+shift+O”)

 

これで文字がオブジェクトへと変更されました。

 

 

 

グラデーションをかける

 

メニューから「ウィンドウ」→「グラデーション」を選択して、“グラデーションパネル”を表示

 

 

 

(↓)文字を選択して、グラデーションパネルの左上のボックスを選択して、グラデーションを有効に。

 

 

 

(↓)グラデーションスライダーの下部にある小さい正方形をダブルクリックすると、色を変更することができます

好きな色に変更しましょう。

例では、スウォッチをクリックして赤とオレンジを選びました。

 

 

 

現状こんな感じ↓

 

 

 

(補足)

スウォッチに用意されている色だけでなく、カラーコードを入れて自分の好きな色を選択することもできます。

グレースケールになっている場合は、グラデーションパネル右上の3本線をクリックして、RGB/CMYKなどに変更しましょう。

 

 

 

グラデーションのかかり具合を調整

 

このままでは文字1つ1つにグラデーションがかかってしまっているので、単語全体にグラデーションをかけたい。

そこで、グラデーションツールを使用します。

 

(↓)オブジェクトを選択して、グラデーションツールに切り替え(※ショートカットキー=”G”)

カーソルが十字マークに変わるので、好きな場所からドラッグしてみて下さい。

 

 

ドラッグする位置、距離、角度でグラデーションの具合が変化します。

※shiftを押しながらドラッグすると、90度/45度の角度になります

 

後から文字の修正が出来ない(←この方法のデメリット)

 

文字にグラデーションをかけることができましたが、

この方法では文字をオブジェクト化してしまうため、グラデーションをかけた後には文字の修正を行うことができません。汗

 

なのでここからは、

グラデーションをかけた後でも文字の修正が可能な方法を解説していきます。

 

 

方法2.アピアランスパネルで文字にグラデーションをかける方法

 

文字ツールで好きな文字を入力

先ほどと同様、好きな文字を入力しましょう。

 

アピアランスパネルから「新規塗りを追加」ボタン

メニューから「ウィンドウ」→「アピアランス」を選択して、
“アピアランスパネル”を表示

 

 

 

(↓)文字を選択して、アピアランスパネルの右上3本線より、「新規塗りを追加」

 

 

 

グラデーションを適用

(↓)アピアランスパネルで「塗り」を選択して、グラデーションパネルの左上ボックスをクリックし、グラデーションを適用。

 

 

 

(↓)さらに、グラデーションスライダーの下部にある小さい正方形をダブルクリックして色を変更します。

例では、赤とオレンジを選択。

 

 

 

グラデーションツールで調整

(↓)文字を選択して、グラデーションツールを選択(ショートカット=”G”)

カーソルが十字マークに変わるので、好きな場所からドラッグ。グラデーションを調整します。

 

 

 

※後から文字の修正が可能!

アウトライン化した場合は後から文字の修正が出来ませんが、アピアランスパネルでグラデーションをかけた場合は、文字の修正が可能です。

 

 

 

 

方法3.パスファインダーで文字にグラデーションをかける方法

 

文字ツールで好きな文字入力

先ほどと同様、好きな文字を入力しましょう。

オブジェクトを適当に作成

(↓)長方形ツールで四角形を作成して、適用したいグラデーションの色をかける

 

 

 

パスファインダーで複合シェイプを作成

“パスファインダー”を表示します。

メニューから「ウィンドウ」→「パスファインダー」を選択

 

 

 

(↓)文字を選択して、パスファインダーの右上三本線から「複合シェイプを作成」を選択

 

 

(↓)文字を選択したまま、スポイトツールに切り替えて先ほど作成した四角形を選択すると、文字にグラデーションが適用されます

 

 

※後から文字の修正が可能!

このグラデーションのかけ方も、後から文字の修正が可能です!

 

 

 

 

色彩センスがない><でも、イケてるグラデーションにしたい….

 

ここまで解説した方法のいずれかを使えば、文字にグラデーションをかけられます!

自分が一番やりやすい方法を覚えたらokです。

 

ここからは、“イケてる”グラデーションをかけるノウハウをシェアしていきます。

 

“グラデーション”は、1色ではなく複数の色によって成り立ちます。

でも色の組み合わせって難しいですよね。。。

 

カラーコーディネーターレベルで色の勉強してたらイージーでしょうが、

なかなかそんな勉強するのも大変じゃないですか。

 

なので、色彩センスがなくても良い色の組み合わせを見つける方法をお教えします。

 

 

それは….

 

 

「パクる!!!」

 

 

色の組み合わせに著作権はありません笑

気に入ったグラデーションをサーチしてパクっちゃいましょう。

 

めんどくさがりの僕は↓のサイトをヘビーユーズしてます!

ブックマーク必須!

 

 

試しに”uigradients”を使って、最終仕上げをしてみましょう!

 

uigradientsには沢山のグラデーションカラーが格納されています。

一覧から自分の好きなグラデーションを選んでみましょう。

 

今回は”Instagram”を選択してみます。

 

uigradientsでは、カラーコードを1クリックでコピー出来ちゃうのでラクラクですよ〜

コピーした色をグラデーションスライダーに貼り付けていきましょう。

 

(↓)uigradientsを使って作業進めた動画です

 

 

 

こんな感じで落ち着きました。

 

 

 

ちょっと装飾を加えて完成!

 

 

 

まとめ

文字にグラデーションをかける場合は、アウトライン化しない方が良いですね。

 

後から文字修正出来ないのはダルいですから。。。

 

  • アピアランスパネルを使う方法
  • パスファインダーを使う方法

 

↑どちらかの方法を身に付けることをオススメします!