世界中のおしゃれアイデアまとめ「ピンタレスト」とは?

らいだーです!

 

Pinterest(ピンタレスト)とは、
おしゃれな写真や画像から、アイデアを集められるSNS的なツールです。

 

他のSNSと比べると、日本では流行っていませんが、
常に情報が上から下に流れていく情報過多のこの時代、
ピンタレストはまじで優れものです。

 

で、
ユーザーは何をすればいいの?
ってところですが、

 

「タイムラインに流れてきた画像をブックマークする」

 

ただこれだけです。

 

簡単にいうと、画像のコレクターになるわけですね。

 

僕の場合、9割がたデザインの”ボード”(※記事中で説明します)をフォローしているので、
タイムラインは常にポスターやロゴなどの画像で溢れています。

 

こんな感じで。

 

 

この記事を読み終えると、きっとピンタレストを使いたくなっているはず。

 

インスピレーション求めてるクリエイターさんにオススメです!

 

それではいざ、ピンタレストの世界へ。

 

ピンタレストの使い方

ピンタレストの使い方はたったの3ステップ

 

  1. タイムラインをスクロールして画像を楽しむ
  2. いいなと思った写真(右上保存をタップ)
  3. 保存するボードを選択

 

※「ボード」とは、フォルダのようなもの。ピンした画像を貯めていく場所です。

 

基本的な使い方はこれだけ。

 

他のSNSとは違う、ピンタレストの面白さ

FacebookもTwitterもInstagramも、
情報がぜーんぶ上から下に流れていって、蓄積されていくものではないです。

 

言っちゃうと、その情報と出会うのは、ほぼほぼその場限りな訳です。

 

それに対して、ピンタレストは、情報(写真や画像たち)は上から下に流れていくけど、
保存することによって自分のピンとして「蓄積」することができるんですよね。

 

そして、その蓄積の仕方は使う人の趣味趣向で変わっていくのです。

 

自分の好きな情報をコレクションして整理する楽しさ

 

これはそこらのSNSでは味わえません。

 

ライダー流ピンタレスト活用術

「好きな画像をピックアップして、自分の主観でどんどん分類する」

 

タイムラインで画像が目に止まったら、自分の思うままに、ボードにカテゴライズしていきましょう。

 

ボードはいくつ作ってもokです。

 

ポイントは、2点。

 

  1. 悩まずとにかくどこかのボードに分類してみること。
  2. 既存のジャンル分けに縛られる必要はないです。自分の好きなように分けてみましょう。

 

どうしても難しければ「inbox」やざっくり「デザイン」といったボードを作って、
そこに溜めて後から分類するのもあり。

 

ただ、ピンするタイミングで分類した方が後々面倒臭くなくて良いです。

 

例えば、

デザイン_タイポグラフィ
デザイン_カラフル
デザイン_写真ベース
デザイン_かっこいい,,,

 

というようにボードを使って分類しておけば、後から見返すときに分かりやすいし、

 

デザインの共通点や、自分の好きなポイントが見えてきます。

 

例えば僕はこんな感じ〜↓

 

 

分類の例

「美女」の写真を集めるなら、

「美女_おっとり」
「美女_スマート」
「美女_ショートヘア」
「美女_黒髪」

 

「イケメン」なら、
「イケメン_草食系」
「イケメン_メガネ」
「イケメン_塩顔」
「イケメン_茶髪」

 

といったようにカテゴライズすると、自分の趣味趣向がよーくわかってくるはず。笑

 

このイメージで、どんなジャンルの写真でも、自分の思うままにカテゴライズしていけばokなのです。

 

今回は、僕がデザイン系のフォローが多いのでそれを例にお話ししましたが、
料理やレシピ、ファッション、アート、イラスト、アニメ、モデルさん等、あらゆるジャンルの写真がありますよ。

 

 

ボードにピンした写真が増えたら再度見てみましょう。
そうすると、自分の好みが分かってきますよ。

 

僕の場合、デザインのボードをフォローしているので、

 

「あ、俺ってこんな配色好きなんだな」とか、
「こういう写真の加工の仕方好きなんだな」とか、

 

よく気づきます。

 

 

河原で石を集める、あの感覚

僕は、ピンタレストをフォロワーを増やすためものと考えて使っていません。

自分のお気に入りやアイデアを蓄積するためだけに使っています。

 

小さい頃に好きな石を河原で拾って、カン箱に集めた経験ってありませんか?笑

なんかピンタレストってそんな感じなんですよね。笑

 

漠然とツイッターを触っていた時間を、ピンタレストに切り替えました。

 

友達の呟きを見るよりも、好きな画像をピンして、自分のお気に入りを集めた方が間違いなく自分の為になる。

 

デザインのレイアウトやサンプルの本とか持ってるけど、

 

ピンタレストはそれ以上に、誰よりも自分に合った参考資料になります。

 

隙間時間や電車の中でどんどん更新して確認できますしね。

 

 

僕のピンタレストアカウントを見てもらえれば、どんな感じで分類してるのか分かりますよー^^

 

今ってね、受動的に情報がバンバン入ってくる時代です。

 

何にも考えなくても親指人差し指でスクロールしてたら、勝手に情報ゲットできちゃうじゃないですか。
ほんと情報過多過多です。

 

その中でも、「能動的に、自分が得るべき情報をゲットする能力」は、
これからの時代を生き抜くには間違いなく必須だし、

 

有り余る情報に振り回されないようにするために、これから身につけるべきwebリテラシーかなと。

 

上から下に自然に流れていく獲物に手を伸ばし、自分の好きなように(能動的に)分類してあげる。

 

この面白さを、ぜひピンタレストで感じてみてください^^